明太子のコレステロール

明太子も卵です。卵を食べるとコレステロールが心配ですが
明太子はどうなんでしょう?



卵でも、鶏と魚の卵では内容が変わります。

コレステロールは、

鶏の卵 g/420mg
明太子 g/280mg

となっています。

また、魚卵には、イコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が
たくさん含まれています。この2つの不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを
減らし、善玉コレステロールを増やす役目を担います。

体内のコレステロールの70%は肝臓で作られ、残りの30%は摂取した食品から
吸収されます。このEPAやDHAは、肝臓でコレステロールの生成を抑える働きがあるため、
魚卵を食べる事でコレステロールの値を下げる効果があります。


※EPA

魚の脂肪に含まれる不飽和脂肪酸で食品で摂らなければ
人間の体内で生成することが出来ない大切な栄養。

※DHA

魚の目や脳に多く存在するEPAの仲間です。


バラエティ豊かなお試しセット詰合せ
価格 2,980円 (税込)







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。